こんにちは、「YUTAか」プロジェクトです。

島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)の阿須那地域で立ち上げたプロジェクトです。「YUTAか」は、この地域の自治会(雪田・宇都井・戸河内・阿須那)の頭文字と豊かになるようにという願いを込めて名づけられました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキルアップ研修に参加してきました。

11月25日(木)

島根県中山間地域研究センター主催の集落支援員等
スキルアップ研修会に参加してきました。

この研修会は、集落支援員等として活動している人や
地域のリーダー、市町村職員などを対象としており、
今年度全5回の研修を予定しておられます。

今回で3回目でしたが、今回は「集落で取り組む鳥獣対策
と題して講義と現地見学がありました。

私達の住む阿須那地域もサル・猪の被害に加え、
今年は熊の目撃情報も多く、大変興味深く受講する
ことができました。


研修-01
<会場に設置された猪の箱ワナです。>

鳥獣被害の発生原因や動物の習性、被害対策の進め方
など具体的な例や手法を教えていただきました。
そして、農家が戸別に対策するだけでなく、集落
ぐるみの対策が重要であることがわかりました。
実際に対策をして、効果のあった集落の事例の紹介
もありました。

鳥獣対策は、それが最終目標ではなく、利益の上がる
栽培場、収穫の楽しみや喜びが実感できる菜園を
目指すことが大事だということも印象に残る言葉
でした。

講義の後は、邑智郡川本町中倉集落へ現地見学をしに
出かけました。
ここでは、住民の皆さんが勉強会を重ね、1年かけて
住民への合意形成づくりをされ、集落内を点検し、
鳥獣の利用しづらい環境づくりをされました。
また、サルが出ると追い払いを徹底することにより、
被害が減少しているそうです。


研修-02
<現地で説明中です。>

研修-03
<野菜くずを放置すると餌付けにつながるそうです。>

研修-04

研修-05

研修-06
<センターで試験的に設置された複合獣に対応したワイヤーメッシュと電気柵です。
 比較的安価で簡単にできるそうです。>

今年、私達は小豆栽培に挑戦しましたが、残念ながら、
収穫前にほとんど猪の被害にあってしまい、気持ちが
沈んでいるところでした。

鳥獣害対策ができると、地域の活性化にも繋がると
思えた意義ある研修会でした。



島根県中山間地域研究センターのホームページはこちら、
http://www.pref.shimane.lg.jp/chusankan/
スポンサーサイト

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakaproject.blog59.fc2.com/tb.php/155-2d1c95c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。