こんにちは、「YUTAか」プロジェクトです。

島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)の阿須那地域で立ち上げたプロジェクトです。「YUTAか」は、この地域の自治会(雪田・宇都井・戸河内・阿須那)の頭文字と豊かになるようにという願いを込めて名づけられました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田んぼの様子1

次の日祭りも終わって、ホッと一息。

体験者の皆さんが田植えをした田んぼの様子を
見に行ってきました。

今年は、田植え後も寒い日が続いたせいか、
苗が思うように成長していないようです。

田植えの時に、みんなで豊作を願いながら植えたのに
豊作が期待できるか、ちょっと心配……。

田んぼの様子-24
<5月17日 撮影>

田んぼの様子-25
<5月22日 撮影>

田んぼの様子-27
<5月31日 撮影>

でも、写真を見比べてみると少しづつ大きくなって
いるのがわかりますね~。

田んぼの様子-28
田んぼの様子-29
<オタマジャクシもたくさん泳いでいましたよ。>

これから、よいお天気が続くことを願って。
スポンサーサイト

晴天に恵まれました。次の日祭り…

5月20~22日

今年も阿須那賀茂神社にて伝統の神事、
次の日(じのひ)まつり」がとりおこなわれました。


次の日祭り-02
<五月晴れの青空と新緑を背にした奉寄進。
         これを見ただけでワクワクしますよね~>

このお祭りは、京都の葵祭の流れをくむ由緒あるお祭りです。
昔は四月の酉(とり)の日を本祭礼とし、二つあれば
次の日の酉の日を、三つあれば中の酉の日を祭りと
したため、次の日(じのひ)といわれています。


次の日祭り-03

21日には、我が「YUTAか」プロジェクトも
昨年同様、特別純米酒「豊かなかほり」の鏡開きを
させていただきました。


次の日祭り-04
<邑南町長さんには、スピーチをいただきありがとうございました。>

今年の「豊かなかほり」は、昨年のものよりも
使用する酵母を変えるなど、さらに香り豊かに
仕上がっており、ますます地域の皆様に愛される
お酒として生まれかわりました。
もちろん、原料の酒米には地元産の「五百万石」を
100%使用。鏡開きの後、来場の皆様に
試飲していただき、その味を確かめていただきました。


次の日祭り-05
次の日祭り-09

鏡開きの後は、祭りのクライマックスでもある傘ぼこの登場
です。
阿須那の3地区と羽須美中学校から奉納された
巨大な傘ぼこが、地元若連中や中学生らの手により
担ぎ出され、先導の笛の合図や掛け声とともに勇壮な
姿を披露しました。
沿道を走る途中、上の方に重心のある傘が、倒れそうに
なると見物客から大きな歓声が上がり、観ている私も
興奮しました。


次の日祭り-10

次の日祭り-06
<中学生も頑張りました。>

次の日祭り-07
<担ぎ手も、もう、へとへとです……>

心配された天候も、お祭りの最終日まで何とか持ちこたえ
今年も無事に終了することができました。
皆様、お疲れさまでした。



なお、特別純米酒「豊かなかほり」のご用命は、
池月酒造ホームページ
電 話:(0855)88-0008まで

お帰りなさい!!故郷へ

5月8日(土)晴れ

YUTAかプロジェクトの活動の柱でもある田んぼ交流田舎
体験。
この日は、第1弾の田植え体験を行いました。
天候にも恵まれ、4月に開局したばかりの邑南町ケーブル
テレビの取材を受けてのイベントとなりました。

田植え体験-21

予定した集合時間よりも少し早目に到着された体験者の
みなさん。
虫取り網やかごを持って、元気いっぱいの子ども達。
第二のふるさとへ「おかえりなさい!!」
静かだった田んぼにも、半年振りに賑やかな声が
響きました。

田植え体験-22

田植え体験-23

田植えの仕方の説明を受けて、苗を分けてもらいます。
「冷た~い」「ぬるぬるする~」
一年振りの土の感触に歓声が上がりました。

田植え体験-24

最初は、恐る恐る手をつけ、ゆっくりと進んでいた
子ども達でしたがすぐに慣れた手つきで、どんどん
植えることができました。

田植え体験-25

今年は、乗用田植え機にも挑戦しました。
プロジェクトの会長と一緒に機械に乗って得意顔です。

田植え体験-26

しっかり働いた後は、お待ちかねの昼食です。
メニューは、山菜おこわのおにぎりと山菜の天ぷら、
フキと竹の子の煮しめ、宝の芽の酢味噌和え、
ヤマメの塩焼きでした。
みんなでおにぎりを作って、「いただきま~す。」

田植え体験-27

お腹が空いていたのか、あっという間にたいらげて
しまいました。

田植え体験-28

そして、昼食の後は、山菜採りを計画しました。
今回は、フキの群生しているお宅にお願いして、
フキ刈りの体験です。
自然の恵みのおすそ分けをしてもらいました。

田植え体験-29

この他、阿須那で採れた山菜など、100円均一
コーナーを設けて田舎の春を自宅へも持って帰って
いただきました。

何はともあれ、無事に田植え体験を終えることができ、
次の体験を楽しみに体験者の皆さんとお別れしました。

体験された皆さん、スタッフの皆さん、お疲れさま
でした。ご協力いただいた地域の皆さん、ありがとう
ございました。

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。