こんにちは、「YUTAか」プロジェクトです。

島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)の阿須那地域で立ち上げたプロジェクトです。「YUTAか」は、この地域の自治会(雪田・宇都井・戸河内・阿須那)の頭文字と豊かになるようにという願いを込めて名づけられました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田んぼの様子2

5月29日(金) くもりのち晴れ

オーナーさんの田んぼの様子をお知らせします。
昨日、今日と少し肌寒く風もありますが、
お天気はよくなってきました。

田んぼの様子-03

田んぼの様子-04
苗は、15~20cm程に伸びて順調に生育しています。

田んぼの様子-05
田んぼの中には、アメンボやオタマジャクシを
たくさん見かけるようになりました。

田んぼの様子-06
大きなタニシもいましたよ。

スポンサーサイト

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

酒米の苗を植えました

5月24日(日)

来年度、池月酒造さんで仕込まれる酒米の苗を
戸河内地区の農事組合法人「田吾作(たごさく)」さんが
植えられました。

酒米田植え-01

酒米田植え-02



4月29日(水) 
種を蒔いているところです。
酒米田植え-03 酒米田植え-04 酒米田植え-05

酒米田植え-06 酒米田植え-07 

5月7日(木)
酒米田植え-08

酒米田植え-09

今年は、酒米用に1町5反分の苗を用意されたそうです。

田吾作の皆さんが戸河内地区の田んぼを守って
下さっているのだなぁと取材をしながらしみじみと
感じたのでした。

酒米田植え-10

戸河内は朝夕の寒暖の差が激しく、
たっぷりのおいしい水と空気で
立派なおいしいお米が育ちます。
そして、来年また、あのおいしいお酒に
生まれ変わるのを楽しみに・・・

田吾作の皆さん、お疲れさまでした。

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

新酒お披露目 「豊かなかほり」

5月21日(木)

阿須那地区賀茂神社の例大祭「次の日祭り」
(じのひまつり)が行われました。

鏡開き-01 鏡開き-09 鏡開き-10

鏡開き-13 鏡開き-14
 
当「YUTAか」プロジェクトでは、過疎高齢化に伴い、
伝統あるお祭りが廃れていくことをくい止めたいと
これまで、お祭りを盛り上げる企画を考えてきました。

今年、当地区の造り酒屋である池月酒造さんと
提携して、新酒の開発と委託醸造をし、この度
新たなお酒が出来上がりました。
鏡開き-02 鏡開き-03

このお酒は、地元で生産された酒米だけで
醸造された特別純米酒「豊かなかほり」です。
ラベルには、「YUTAか」プロジェクトで
立ち上げた短歌の会「豊歌(ゆたか)」の皆さんに
よる作品が印刷されており、どの歌がお好みかで
瓶を選ぶ楽しみも含まれています。

その新酒のお披露目会として次の日祭りで
地域のみなさんの前で鏡開きをし、振る舞い酒を
するという企画で準備を進めてきました。

鏡開き-04 鏡開き-05 鏡開き-06

鏡開き-07

鏡開き-08

鏡開きは、この「YUTAか」プロジェクトの
中山間地域コミュニティ再生重点プロジェクトで
関わっていただく県庁の方や邑南町長さんを
招いて行われ、この企画に花を添えていただき
ました。

鏡開き-12

鏡開き-11

池月酒造さんでは、これを機に今後は地元産の
酒米だけを使っておいしいお酒を醸造してくださるそうで
地産地消や耕作放棄地対策にもつなげていけるのではと
期待しているところです。

心配された雨も、賀茂神社の氏神様のお陰か
鏡開きや傘ぼこが担ぎ出されるまで何とか降らずに
すみ、スタッフ一同、ほっと胸をなでおろし
長い一日が終わりました。
関係者の皆様、お疲れさまでした。
ご協力ありがとうございました。

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

田んぼの様子1

5月18日(月)

今朝は、とっても清々しい五月晴れです。
さて、5月9日に植えたオーナーさんの田んぼはどうなったでしょう。

今朝の様子をお伝えします。
まだまだ小さな苗ですが、しっかりと根付いていますよ。


田んぼの様子-02

田んぼの様子-01

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

次の日祭り開催のお知らせ

次の日祭-02

来る5月20~22日は、次の日祭り(じのひまつり)が
開催されます。

次の日祭りは、阿須那地区羽尾山(はねおやま)にある
賀茂神社(かもじんじゃ)の大祭で、京都の葵祭りの
流れを汲む由緒あるお祭りです。

昔は4月の酉(とり)の日を本祭礼とし、二つあれば
次の日の酉の日を、三つあれば中の酉の日を祭りと
したため、次の日といわれています。

 日 程

 5月21日(木)

  14:00~ 祭礼
  14:20~ 新酒「豊かなかほり」
         鏡開き・試飲会(「YUTAか」プロジェクト) 
  15:00~ 御神行
         傘ぼこ         
         流鏑馬

 5月22日(金) 会場:お祭り広場

  13:30~ 田植え囃子(白鳩会)
         銭太鼓(阿須那小)
  14:15~ 子供神楽(雪田子供神楽)
         早食い競争(あすな会)
  16:10~ 餅まき(次の日祭り実行委員会)


傘ぼこ-01 傘ぼこ-02

21日の祭礼当日に奉納される傘ぼこは、
高さ5メートル、重さ45キロあり、地域の
若者衆が神社前の通りを担いで通り抜けます。
傘ぼこの上には、その年1年間、話題になった
ものの人形が据えてあります。
傘ぼこを倒さないよう、息を合わせて運ぶことが
できるかどうか、それが見所の一つでもあります。

そして、傘ぼこが出発する前の21日14時すぎに
お祭り広場にて「YUTAか」プロジェクトが
地元の造り酒屋である「池月酒造」さんと提携して
開発した新酒の鏡開き・試飲会を行う予定です。
できたお酒は「豊かなかほり」。
香り豊かなおいしいお酒を是非、一度ご賞味ください。

なお、お車で御来場の方は飲酒運転をされませんよう
お気を付けください。
多くの皆様の御来場をお待ちしております。

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

お疲れ様でした!田植え体験イベント

5月9日(土)

農村と都市との交流と土地を守りたいという趣旨のもと
「YUTAか」プロジェクトで企画しました田んぼオーナー制度。

この日、第1弾の企画、「田植え体験イベント」を行いました。
オーナーに申し込んでくださったのは、
広島市と松江市在住の親子連れ数家族の皆さんです。

当日は、新緑も眩しいほどの晴天に恵まれて
絶好の田植え日和となりました。

田植えは、この地方に伝わる昔ながらの”田植え枠”で
あらかじめ田んぼ全面に升目状のしるしをつけておき
縦横線の交差したところに、植えていきます。


田植え体験-01

田植え体験-02

田植え体験-03
<田植えの仕方を説明中です。>

水を張った田んぼの中に恐る恐る足をつける人、
勢いよく田んぼに入る人、
「ぬるぬるするー」「気持ち悪いー」と初めての
感触に歓声が上がりました。


田植え体験-04

オーナーさんのほとんどが田植え体験は初めてですが
スタッフの中にも、手で田植えをするのは初めてという
人もあり、オーナーさんとスタッフ入り混じっての
田植え体験となりました。


田植え体験-05

田植え体験-06

途中、田んぼの中を走ったり、座り込んだりの
ハプニングもありましたが、
思った以上に早く植えることができ
無事に田植えを終えることができました。


田植え体験-07

そして、田植えの後は、お待ちかねの昼食会。
地元で採れた、野菜・山菜をふんだんに使った
田舎料理を食べながら、和気あいあいと
時間を過ごしました。


田植え体験-08

田植え体験-09
<りっぱなヤマメの塩焼きも登場。>
田植え体験-10

田植え体験-11

田植え体験-12

疲れを知らない子どもたちは、昼食後も
すぐ傍の”ふれあい水路”で小魚や虫を
捕まえて多いに楽しみました。


田植え体験-13

オーナーさんからは、今後の交流の在り方について
ご意見をいただきながら、引き続き”秋の収穫祭”まで
交流体験会を行っていきます。


田植え体験-14

田植え体験-15

豊作になりますように・・・。
オーナーの皆様、お疲れさまでした。

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。