こんにちは、「YUTAか」プロジェクトです。

島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)の阿須那地域で立ち上げたプロジェクトです。「YUTAか」は、この地域の自治会(雪田・宇都井・戸河内・阿須那)の頭文字と豊かになるようにという願いを込めて名づけられました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんど焼き

1月11日(日)宇都井地区・戸河内地区・阿須那地区
1月12日(月)雪田地区
各地区にて、とんど焼きがありました。


前日からのあいにくのお天気にもかかわらず、
各地区、豚汁やぜんざいなどを用意されて
たくさんの地域の方が参加されました。
私は、阿須那地区のとんど焼きに参加し、
豚汁を作るお手伝いをしてきました。
とんど焼き-01
 <アツアツのおいしい豚汁ができました。>

この日に、今年初めて顔を合わせる方も多く、
年初めの挨拶もたくさん聞かれました。

とんど焼きでは、お正月の飾り物や書き初めの
書き損じなどを燃やして、無病息災や習字の上達、
ついでに受験の合格祈願やその他もろもろお願いした方も
おられるのでは・・・
そうして、正月の神送りをしたのでした。


とんど焼き-02
 <点火です。>

とんど焼き-03
 <今年も元気で頑張りましょう。>

とんどの火でお餅やミカンなどを焼いて食べると
その年は、風邪をひかないとの言い伝えもあります。
スポンサーサイト

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

しめ縄作り

今日は、ただいま最盛期を迎えているしめ縄作りを取材してきました。
とはいえ、実は、夫の両親の仕事なのですが…。

しめ縄とは、神事の神聖な場所と下界を区別するために張る縄のことで、
新年に悪気が入らないように家の出入口などに飾ったりするものですね。

我が家では、もう十年以上、毎年秋になるとこのしめ縄作りをしています。

しめ縄作りの工程
稲刈り
まだ夏の盛りのうちに青々とした稲を刈り、できるだけ青さを残すため
少しだけ日に干して後は風通しの良い日陰に干します。

乾燥
乾燥後、わらの袴と実りかけの稲穂を切り落とします。

芯作り
切り落とした袴や昨年残った藁くずを計量し、縄の中心に入れる芯を
作ります。
しめ縄-01

計量
しめ縄の出来上がりの規格(大中数種類の規格があります)に合わせて、
縄1本分の藁を計量し束ねていきます。この際、わらの節が根元から
数センチ上になるように切りそろえます(仕上がりに影響する)。
しめ縄-02

スカート作り
稲穂と切り落とした藁を合わせて、飾りに使うスカートを作ります。

縄を結う
束ねた藁を二股にし、釘などに引っ掛け、それぞれ左巻きにねじります。
ねじった藁をよりあわせて縄にし、途中縄の真ん中あたりで芯を入れ、
一緒にねじっていき端を止めます。規格毎にひねる回数も決まっているのです。
しめ縄-03 しめ縄-04 しめ縄-05

縄の仕上げ
ヒゲ(途中出っ張った藁の先)をきれいにカットしたら縄の出来上がり。
しめ縄-06

しめ縄の本体を作る
2本の縄をそれぞれ輪にします。内側の輪を二重に、外側の輪を一重にし、
二つを組み合わせて釘で仮止めします。仮止めした部分を麻紐でしっかりと
結えます。
しめ縄-07 しめ縄-08

本体の仕上げ
仮止めの釘を抜き、縄の端を切り落とします。
しめ縄-09 しめ縄-10 しめ縄-11

しめ縄の飾り
しめ縄も地域により、形や飾りの付け方に違いがあるようですね。
我が家のしめ縄では、松葉とヤブコウジをユズリハの葉で包んだもの、
ウラジロ、ダイダイの実(写真はミカンです)、稲穂と藁で作ったスカートを
飾って袋詰めすると出来上がりです。
しめ縄-12 しめ縄-13 しめ縄-14

しめ縄-15

この他、神棚に飾るしめ縄も作っています。

松…………日本では長寿を表す縁起の良い木。
ヤブコウジ…正月の縁起物とされ、マンリョウ、センリョウ、ヒャクリョウ
       などと並べてジュウリョウとも呼ばれる。
ユズリハ…夏に新葉が開くと、夏から秋に2年葉が落葉する性質があり、
       新しい葉が伸びてから古い葉が落ちるという新旧の世代交代が
       絶えることなく続く縁起物とされ正月や祝い事の飾り物に用いる。
ウラジロ…ウラジロは葉の裏が白く、茎は長く伸び、その先端から毎年2枚の
       葉をつける。「おじいちゃん・おばあちゃん」の葉の間から茎が伸び
       「お父さん・お母さん」の葉が出て、その間から「若夫婦」の葉が出る
       というようにそれぞれ裏が白いので夫婦共に白髪まで長生きします
       ようにという縁起物。
ダイダイ…最初は緑の実が冬にだいだい色に変わるが、実が落下しにくいため
       そのまま次の年の夏まで残り、また緑色に戻る。そしてまた冬が来ると
       だいだい色になる。一つの木に新旧の実がなることからダイダイ(代々)
       の名がついた。正月の縁起物。

皆さんもお正月には、しめ縄を飾ってくださいね。

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

ゆ~きやこんこん♪

11月19日(水)

昨日から、ちらちらと降り始めたあれは何?
11月のこの時期に初雪が降るなんて
寒いはずですよね。

先週までは、ぽかぽかとして紅葉を楽しんでいたというのに・・・

朝、目が覚めて外を見てびっくりされた方も多いはず。
我が家の子どもたちを目覚めさせるには好適
「雪がふっとるよ~!!」の一声でばっちり目覚めることができました。

それでは、我が家から写した雪景色をどうぞ。
雪景色-02
雪景色-01

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

さる、猿、サル…去る?

先週、我が家の裏山にお猿の集団がやってきました。
定期的?に、やってくるのですが最近はあまり見かけませんでした。
秋なので山においしい食糧があったのでしょうか?

猿-01

天気予報などでは、そろそろ冬のたよりを耳にしますが、
猿たちも冬支度にやってきたのでしょう。

柿の木に登って上手に枝を渡っては、柿の実をもいでいきます。
あまり近づくと危険だというので少し離れた所から感心して
見ていました。夏には、子ザルを背負いかぼちゃを小脇に
抱えて逃げていく姿も見かけます。
その姿は、ユーモラスでもあり愛らしくもあります。

猿-02
猿-04
<サルたちが食べ残した柿の実です>

西蓮寺さんの紅葉が見頃だということで、再度、出かけてみました。
西蓮寺の楼門と紅葉を真下で見上げながら、山里の晩秋をしばし堪能しました。

西蓮寺-07
西蓮寺-06


その帰り道、道路の真ん中で行く手を阻むものが…
そう、お猿さんでした。群れから離れたサルでしょう。
一匹だけで、山にまた帰って行くところでした。車が近づいても
あまり恐れることもなくしばらくこちらを窺っていました。

猿-03

鳥獣被害、人間と動物の共生、この地域の課題の一つです。

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

実りの秋♪

実りの秋-01

実りの秋ですね~。
栗をいただいたので早速、栗ご飯に・・・
今回は、他の具材といっしょに、五目風にしてみましたよ。
おいしいものを食べるときは、本当に幸せです

実りの秋-02


栗といっしょに写っているのは、ポポーの実です。
聞いたことはあったのですが、私は初めていただきました。
バナナに似た南国風の味ですが、北米東部が原産だそうです。
スーパーのバナナが品切れ状態ですが、
ポポーでは、ダイエットにならないかしら。

実りの秋-03


そして、先日、出羽川沿いで見つけたこの実!!
いったい何?
知っている人は、どうぞコメントを・・・

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。