こんにちは、「YUTAか」プロジェクトです。

島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)の阿須那地域で立ち上げたプロジェクトです。「YUTAか」は、この地域の自治会(雪田・宇都井・戸河内・阿須那)の頭文字と豊かになるようにという願いを込めて名づけられました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸河内地区のカルタ会

2月7日(火)

戸河内地区のサロンへお邪魔しました。
午前中は、映写会や健康体操をしてすごされたそうです。

お昼に私達がお邪魔した時には、皆さんお食事中でした。
戸河内の皆さんに、「寒い中、よく来てくれたね」と、
暖かい豚汁やみかんをいただきました。

午後のメニューは、YUTAかプロジェクトで制作した
「あすなカルタ」を使って、カルタ会を開いて下さいました。

戸河内カルタ-01

数名のグループに分かれ、カルタをとり合ったのですが、
お手付きも恐れず、「ワーワー、キャーキャー」大賑いで
した。

戸河内カルタ-02

グループ毎に1~3位を決め、予選で勝ち抜いた人だけで
もう一度、決定戦を行いました。

戸河内カルタ-03
<最後は、ジャンケンで勝敗を決めました。>

この日の上位の皆さんは、3月に豪華(?)景品を競って
チャンピオン大会に出場していただきます。

各地区でカルタを使った交流会を開催していただき
制作スタッフのみなさんもとても喜んでいます。

戸河内の皆さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト

市木の子どもたちと遊ぼう!! 第2弾


10月28日(金)くもり

今年度、市木地区との交流会を計画していましたが、
6月に続いて、第2弾の交流会を開催しました。

この交流会は、プロジェクトを通じてそれぞれの
地区でご当地カルタを制作した縁で、カルタ交流会として
市木小学校、阿須那小学校両校の児童と地域の皆さんが
参加されました。

今回は、日頃乗る機会のない列車に乗ってJR三江線の
宇都井駅~浜原駅までの乗車体験と、阿須那地区でカル
タに詠まれたお寺や伝説の岩を見にでかけました。

市木交流会-01
<まずは、こんにちはのごあいさつ。じゃんけんゲームで
初対面の人も打解けました。>

市木交流会-02
<班に別れて三江線クイズに挑戦中!!>

市木交流会-03
<乗降のルールを習って、一列に並んで待ちます。
  「列車が来たよーっ!」>

市木交流会-04
<一両編成の為、あっという間に満員に…。>

市木交流会-05
<浜原駅で降りて記念撮影。「はいっ、チーズ。」>

市木交流会-06
<公民館まで帰ってみんなで昼食。子ども達はすっかり
仲良くなって話に花が咲きます。>

市木交流会-07
<西蓮寺に行きました。ここの山門は石見三門の
一つとして有名です。もう少しすると紅葉を背に
この門の最も美しい季節を迎えます。>

市木交流会-08
<鬼が出雲から背負ってきた岩をここに置いて帰ったという
「鬼岩」。岩に背コウチの跡が残っています。>

市木交流会-09
<あっという間の一日でした。市木小学校のみなさんと
短い時間でしたが交流できて楽しかったです。また、いつか
交流会ができるといいですね。お疲れさまでした。>


テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

はすみリゾートまつり2011!!

10月16日(日)晴れ

リゾートまつり-01

はすみリゾートまつり2011!!が開催されました。

YUTAかプロジェクトでは、餅つき実演販売をさせて
いただきました。

今シーズン初めての実演販売となりました。

リゾートまつり-02

早朝より準備をし、たくさんの機材を設置し終え、
徐々にお客さんが増え始めた頃、試運転していなかった
餅切り機がうまく動かず、あわてる場面もありましたが、
何とか事なきをえてスタートすることができました。

リゾートまつり-03

この日も本当にお天気が良く、たくさんの来場者が
ありました。
羽須美地区だけでなく、他地区からも出店や
ステージ発表があり、盛況のうちに終えることができました。

リゾートまつり-04

お餅も、用意したもち米をすべて搗きあげ、お陰さまで
完売することができました。ありがとうございました。

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

サツマイモは豊作でした。

10月8日(土) 晴れ

田んぼ交流田舎体験で芋掘り体験を行いました。
お天気に恵まれ、絶好の芋掘り日和でした。


芋掘りをする前に、あらかじめ干しておいたサツマイモを
たき火の中に投入!! おいしい焼き芋ができますよ。

芋掘り体験-21

いざ、芋掘りへ。
昨年はモグラにかじられたりして、収量が少なかったの
ですが、今年は蔓も大きく立派に成長し、掘る芋、掘る芋、
大きくて全て掘り終わるまでに時間がかかりました。

芋掘り体験-22

芋掘り体験-23

一緒に植えた黒豆も、雑草に負けず大きくなっていました。
枝豆にして食べるにはちょうど良い頃合いです。
「うんとこしょ、どっこいしょ」

芋掘り体験-24

採れた、採れた。
早速、茹でて食べることに・・・。
採れたての枝豆は甘くて、とってもおいしいです。

芋掘り体験-25

芋掘り体験-27

焼き芋も、ほっくほく。おいしく焼きあがりました。
今年は、りんごやホットドッグ、マシュマロも焼いて
みました。みんなで食欲の秋を満喫しました。

芋掘り体験-26

今年度の交流体験は、今回で終わりです。
参加された体験者のみなさま、お疲れさまでした。


テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

あすなカルタ地域巡り

10月4日(火)晴れ

昨年度、プロジェクトで作成した「あすなカルタ」の
題材となった地域の名所を巡りました。

今回は、阿須那4地区(雪田、宇都井、戸河内、阿須那)
のうち雪田地区と宇都井地区を回りました。

清々しい秋晴れのもと、17名の地域の皆さんが参加
され、カルタ制作に関わった嘉野さん、日高さんの
愉しく、丁寧な説明に聞き入っていました。


カルタ巡り-02
<蛇神様@雪田> 「蛇神に 卵供えて 歯の治療」
白い蛇の神様が住んでいると伝えられる巨岩。
歯が痛い時に、卵を供えると歯痛が治ったという言い伝えがあり、
今でも地元集落の皆さんが大事に守っておられます。

カルタ巡り-03
<野伏原古墳@雪田> 「野伏原 大きさ誇る 石の部屋」
古墳時代後期に造られたと思われる横穴式石室古墳。
石見の山間部の古墳の中では最も大きいといわれています。
造られた場所が目立たない場所である事から、多くの謎に包まれた古墳です。

カルタ巡り-05
<居龍鍛冶屋跡@宇都井> 「正宗の 居龍鍛冶屋に 夢の跡」
水田のまん中に石で囲われた小さな池は、鍛冶屋の跡です。
居龍鍛冶屋といわれるこの鍛冶屋に、その昔、優れた腕を持つ刀鍛冶がおりました。
師匠から何とか技を盗もうと焼き入れの湯の温度を知るために自ら湯の中に手を
入れ、神聖なお湯を汚したと激怒した師匠に真っ赤に焼けた火箸でその掌を挟まれ、
掌は焼け落ちてしまいました。しかし、弟子は最も知りたいことを体得したので、
それ以降、師匠を凌ぐほどの名人となりました。

カルタ巡り-04
<才の峠の七福神@宇都井> 「目に映る 人の姿や 七福神」
その昔、弘法大師が地方を巡回された折、すがってお休みになったと伝えられる
石が、永年の山崩れや大洪水により江の川の近くまで流されてきました。そして、
この石をこのままにしておくと、この地に水害の難が絶えないと誰言うとなく
風評が立ちました。そこで、1852年、住民総出で才の峠までにない上げ、
七福神という名で、今でも大切に祀られています。
この石は表面がうすくヒダとなり欠けた部分が不思議にも人影のように見えます。


参加された皆さんは、はじめて聞かれた話などもあり、
勉強になったと感心しておられました。

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。